オンライン商談  >  特集・キャンペーンTOP  >  ヤバいでござる!明日来城(2) 会計システム編

マンガでわかる!会計システムのクラウド化

  • 皆の予定が合わぬ!?の巻 その1
  • 皆の予定が合わぬ!?の巻 その2
  • 皆の予定が合わぬ!?の巻 その3
  • 皆の予定が合わぬ!?の巻 その4
  • 皆の予定が合わぬ!?の巻 その5
会計システムのクラウド化ってどういうこと?

雲のように「どこにあるかわからないもの」という意味から、「クラウド」と呼ばれています。「クラウドサービス」とは、サービスの裏側を意識せずに利用できるサービスのこと。例えばWebメールを使うときに、サーバーを誰がどこで運用しているかまで考える方は少ないですよね。

クラウドは、不特定多数のユーザに向けてサービスを公開しています。このため、初期コストが抑えられ、利用した分だけ支払えばよく、無駄なく手軽に利用することができます。業務改善に加え、災害時などを意識したBCP(業務継続計画)を目的に幅広い企業で活用されています。

会計システムをクラウド化するとこんなメリットが

導入・運用が容易

illust01

通常、会計システムではソフトなどをインストールしたり、インフラを整えたりする必要があります。しかしクラウドでは多様な端末から使うことが前提とされているため、初期費用が抑えられることが多いのです。インターネットがつながっていれば、登録のみですぐに利用できる場合もあります。

また、会計システムが使える特定のパソコンのみで会計業務するといったことがなくなります。どれだけ利益がでているのかを、社長や税理士ともリアルタイムで共有することができるので、経営戦略が立てやすくなります。

一覧をみる

無料相談

常に最新版を利用

illust03

会計ソフトはインストールしたパソコンでしか使えないというのはよくあることです。IDを増やして複数名で使用するにはソフトの分だけ費用がかかってしまったり、法改正によってバージョンアップをする際に追加費用がかかってしまうことも。

もともとクラウドは、大多数の利用者が想定されているため、利用量や利用回数が増えても低コストで拡張が可能です。コストを抑えながら、必要なときに必要な分だけ、最新のシステムを利用することができます

一覧をみる

無料相談

高い安定性

illust04

会計業務は、経営の根幹を支える大事なもの。経営をしている以上、毎日、会計業務をする必要があります。会計システムに障害が発生して一時的に使えなくなるといったことは、不便なだけでなく、企業の存続に関わる問題になってしまいます。

クラウドでは、会計システムの提供会社がシステムに関わる全ての管理・運用を行います。自社でメンテナンスする必要がない上、基本的に複数のサーバから構築されているため、あるサーバに障害が起きたとしてもサービスが停止することはほとんどありません。災害などが発生したときでも、最小限に被害が抑えられ、大切なデータを守ります

一覧をみる

無料相談

特集・キャンペーンTOPに戻る

ページの先頭に戻る

新規会員登録(無料)

  • 未会員の方
  • アスクルインターネットショップ 会員の方

ログイン

特集・キャンペーン

企業ホームページの重要ポイント

マンガでわかる!シンクライアント 旧型PCでも最新ソフトが使えるって?!

ヤバいでござる明日来城

サラリーマン力衛門が大活躍!

特集・キャンペーンTOP

知って得するサービスをご紹介

ポスター無料ダウンロード

仕事場にピッタリのポスター

アスクルお仕事サポート

格安航空券や宿泊ホテルなど出張の手配ならこちら!

宴会の手配ならおまかせ下さい!

その他便利なサービスが盛りだくさん!お仕事サポート

アスクル関連サービス

オフィス用品のアスクル

アスクルの一括購買管理ソリューション ソロエルアリーナ

LOHACO くらしをかるくする

みんなの仕事場

安否確認サービス特集